<   2004年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

桜島は見えず…

【山日記 4】 2004/05/02(土) 高隈山

今年の連休は、以前から懸案となっていた「高隈山」へ。

自宅を7時に出る。JR久留米駅にてメンバーと合流し、乗用車にて出発。
広川ICより高速へ。思ったより快調に人吉まで走るが、加久藤トンネルが渋滞中。
ここで高速を降り旧道へ。途中、えびので「十兵衛うどん」へ。「うどん定食」を注文。
麺はそこそこコシがあり、スメも鰹だしが効いている。期待していなかったぶん嬉しい。

再度高速に入り、国分IC→垂水市へ。ここで翌日の買出しを行う。
その間、「Y下隊長」は「猿ヶ城渓谷」にて1時間ほど釣り。(釣果は不明?)
このあと宿泊地鹿屋市へ。旅館の場所がわからず市内を徘徊、19時過に到着。

翌日は雨模様、とりあえず登山口の「垂桜」へ向かう。雨は降ったりやんだり状態。
「垂桜」の集落を過ぎ、林道を登山口まで行く。登山口を10時過ぎに出発。
最初はなだらか道だが次第に傾斜が増す。約1時間登ると「見晴らしの良い岩場」。
一瞬、雲が切れ垂水方面が望める。しかし、残念ながら「桜島」は見えず。
さらに約2時間かけ高隈山最高峰「大篦柄岳」へ。昼食・休憩、ここも展望なし。
時間も遅くなってきたため、そのまま往路を戻る。登山口到着15時半。

垂水市を経由し国分町の温泉へ、るるぶに載っていた「岩戸温泉」に向かう。
湯治場と言うよりも「地元の銭湯」の雰囲気。広い脱衣場を抜けると大浴場。
大きな岩を配した湯舟には、やや黒っぽいお湯があふれている。
泉質は「弱アルカリ性重曹泉」、切り傷・神経痛・皮膚病に効能があるとのこと。
湯上りはサッパリ・ツルツル。なぜか、タクシーで女性が入りに来ていたのが印象的。

当日中に戻るためには、時間的に厳しくなっていたが、意外と高速が空いており、
23時前にJR大牟田駅到着。「リレーつばめ」に乗車、零時半には自宅到着。

今回は天気が思わしくなく、期待していた「桜島」が見えなかったのは残念…
しかし、大隈半島の盟主と言われる山域に入れたことは印象的であった。

「十兵衛うどん」うどん定食 800円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-30 23:44 | 山登り  

ネギが硬い

【麺日記52】 2004/05/01(土) ウエスト川端店
a0013751_0553524.jpg

今日は「メーデー」集会へ参加。
しかし、昨日はしっかり飲みすぎ… 完璧な二日酔い。
二日酔いの朝は、ネギたっぷりのうどんが特効薬。
そこで近くの「ウエスト川端店」へ。

久々の訪問だが、店がキレイになっていて落ち着かない。
以前の、「安っぽい雰囲気」が結構好きだったのに残念。

素うどんを注文し、器に入れてあるネギを全部入れる…
ところが、少し干からびたネギが硬い。
「因幡うどん」のネギとは異なる歯ごたえが気になる。

しかし、「タピオカ」入りの麺は食べやすく、のどごしも良い。
やっぱし、飲みすぎにはネギうどん。
今度は「川端うどん」かな。

場所:上川端商店街 素うどん250円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-30 00:41 | うどん  

生姜の香り

【麺日記51】 2004/04/27(火)  琴平
a0013751_1182693.jpg

近くの「琴平」へ。
今日はやたらと客が多い。それも女性ばかり。
ここは中央市民センターのまん前にあるため、
何かイベントがあると、一気に客が増える。

いつものように「うどん定食」を注文し、
「生姜」を入れ一気に啜り込む。
さわやかな生姜の香りが食欲を刺激する。

テーブルには「昆布佃煮」「キムチ」「白菜漬」等もありお得!

近くに「黒田屋」がある。今度はチャンポンだな。

場所:中央市民センター前 うどん定食700円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-29 21:40 | うどん  

閉店?

【麺日記50】 2004/04/26(月) 「櫻々」

しばらくうどんが続いたので、ラーメンが食いたいと「櫻々」へ。
ところが「櫻々」であった場所は工事中!
新しい看板は「うどん村」になっていた。

どうやら閉店した模様。けっこう好きだったのに残念…
そう言えば、地下鉄赤坂駅近くにあった「大名うどん」も
同じく閉店したみたい。
このあたりは麺激戦区! 生き残るのもたいへんです。
ただ、「うどん村」には興味津々。いつ開店?

仕方なく「COCO壱番屋」へ。
これからはカレーうどん?
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-29 01:40 | ラーメン  

年配も女性も

【麺日記49】 2004/04/22(木) 「峰松本家」

今日は天神に出たため「峰松本家」へ。
定期的に食べたくなる「どんめん」。

この店の客の年齢層は比較的高い。
値段設定が「高め」であることが理由だと思うが、
その中高年の大半がボリュームある「どんめん」を注文する!

シャキシャキの野菜、数種類のてんぷら、旨味のたったすめ。
しかし、なんと言っても「極太麺」。
もっちりしているが、噛むと芯にはしっかりとしたこし。

年配も女性も、みんな汗をかきかき一心不乱に食べてます。
次回は「カレーどんめん」だ!

場所:福ビル地下 どん麺 850円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-27 00:39 | うどん  

出来合いの麺?

【麺日記48】 2004/04/21(水) 「大名うどん」

先日大名付近をうろついていた時に見つけたうどん屋。
その時は時間が無く、食することが出来なかったが、今回初挑戦。

店構えはまだ新しく、作りもシンプルで入りやすい雰囲気。
さっそく「ゴボウ天うどん」を注文する。
程なく出されたうどん。麺は細麺。すめの色はやや濃い目。
かつおと昆布の香りが鼻をくすぐる。

しかし、麺をススルと「??」 
こしも無く、かと言って博多風の柔らか麺でも無い半端な感じ。
よく見ると出来合いの麺をさっと温めただけのよう。
すめは香り高く◎なのに、麺がいけません。

期待が大きかっただけに残念… ぜひ、麺に一工夫を期待したいところ。

場所:大名一丁目 「ゴボウ天うどん」450円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-26 22:00 | うどん  

うどんに生姜

【麺日記47】 2004/04/20(火)  琴平
a0013751_12149.jpg

久しぶりに「琴平」へ。
以前はよく行っていたが、職場が変わり疎遠になっていたところ。
雰囲気は変わっておらず、カウンターの前で麺をトントンと切る音が懐かしい。

今日は「うどん定食」を注文。
素うどん、さばの塩焼き、なます、かしわ飯、白菜漬、ボリュームは充分。
うどんは細めんだが「充分な粘り腰」があり、人力屋にも通じるものを感じる。

ここの良さは、テーブルに「生姜」が置いてあること。
福岡では一般的ではないのか、「生姜」を置いているうどん屋は少ない。
「生姜」を入れると一段と旨さが増すような気がするが。

香り高いすめを全部飲み干し「満足」
これからもちょくちょく寄らせて貰います。

場所:中央市民センター前 うどん定食700円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-25 23:00 | うどん  

木楽屋

【麺日記46】 2004/04/13(火) 鈴木商店

福岡ではかなり有名なラーメン屋。
居酒屋(木楽屋)の経営をしていた親父さんがはじめたお店。
居酒屋でも昼にラーメンやチャンポンを出していて、結構旨かった。

最初は醤油ラーメンがメインだったようだが、やはり福岡はとんこつ。
今では、献立表も「醤油とんこつラーメン」が最初に書いてあります。

今日はその「醤油とんこつラーメンセット」を注文。
ラーメン、かしわ飯、餃子6個、小鉢(ポテトサラダ)。
これはかなりのボリューム!

麺は普通だが、表面がややざらつきスープとのからみも良い。
セットにしてはチャーシュー、海苔、シナチク、キクラゲ、
ネギ、ほうれん草?と 具も充実。
餃子も手抜き無しで「大満足!」 評判が良いはずです。

次回は「ひやしつけそば」かな?

場所:赤坂郵便局そば 醤油とんこつラーメンセット750円
□鈴木商店
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-24 00:09 | ラーメン  

げん骨ごぼう天

【麺日記45】 2004/04/12(月)  うどん処 松島
a0013751_1225677.jpg

ここも、かれこれ十年ぶり位か?
できた頃も味は良かったのだが、お昼は奥さんがテンパッていて、
大きな声でアルバイトを怒鳴っていたことが思い出される。

相変わらず評判はいいようで、カウンターのみの店は一杯。
久しぶりなので、ごぼう天うどんとおにぎりを注文する。

すぐに出された器はやや小ぶりだが、麺があふれんばかりに入っており、
げん骨のようなごぼう天、多めに乗ったネギが好感触。
麺は太めでこしも強いが、モチッとした粘りを感じる。

ここは、以前大名の「さぬきうどん」にいた人がやっているそうだが、
その目指す方向性がかなり違うことを感じる。

それにしても「赤坂」近辺は美味しい麺屋が多くて楽しいな~。

場所:西総合庁舎そば ごぼう天うどん530円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-23 01:15 | うどん  

巻き返しを期待

【麺日記44】 2004/04/06(火) 「赤坂十八番」

職場の同僚に誘われ、近くの「赤坂十八番」へ。
ここは、チャンポンと皿うどんが有名な店。

以前は昼時には行列ができる人気店であったが…

とりあえず、以前良く食べた「味噌チャンポン」を注文する。
しばらくして出された「味噌チャンポン」は、
なんとなく佇まいが昔と違うような…

どんぶりも違うし、具の盛り付け方も違う。
一番違うのは、スープの味! 
もっと濃厚で、味噌の香りも強かったはず。
同僚の「チャンポン」も今ひとつのようだ。

さては調理人が変わったのかと、厨房を見るが、
中華鍋を振っている店長は以前と同じだ。
しかし、今ひとつ元気が無いように見える。
彼にいったい何があったのか?

巻き返しを期待しています。

場所:サニー赤坂店地下1F 味噌チャンポン650円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-22 17:31 | その他の麺