<   2005年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

花の時期に訪れたいものです

【山日記 25】 2005/4/29~30 大崩山 Part2
a0013751_0323057.jpg

4/30(日)晴 → 曇
◆ キャンプ場⇒宇土内谷登山口→縦走路分岐→石塚→大崩山山頂→縦走路分岐→
  第1ピーク(昼食)→第3ピーク(デポ)→鹿納坊主→第3ピーク→林道→
  宇土内谷登山口⇒湯之谷温泉⇒日之影温泉(入浴・夕食)⇒山下邸⇒帰宅

a0013751_033012.jpg案の定、昨夜の夜更かしのせいで目覚めが悪い。
荷物を詰め込み、キャンプ場を出たのが7時半。
登山口までの悪路を何とか突破し、登山開始は8時半。
予定は7時出発だったのに… 
この時点ですでに1時間半のロス。



a0013751_0333631.jpg酒臭い汗をダラダラと滴らせながら
杉林の中を1時間ほど登ると、
稜線に飛び出す。するとまわりは一面「アケボノツツジ」の群落だ。
アケボノツツジは葉が出る前に花が咲く。花弁自体も大きく華やか。
青空をバックに咲き誇る様は、まさにツツジの王様と言えよう。

そのアケボノツツジにすがるように高度を上げていくと、
左手に本日の最終目的地、
鹿納山(鹿納坊主)の岩峰が見えてきた。
ここから見るとかなり遠い… この調子で行けるのか不安だ。


a0013751_034031.jpgスズタケをかき分けるようにしばらく進むと
鹿納山への銃走路分岐。
ここで、不調を訴えるY下隊長は大崩山を諦め、
直接鹿納山へ向う。
隊長と遅脚のI藤会計長と別れ、
N山隊員と大崩山頂を目指す。
縦走路を急ぎ、展望のよい「石塚」は
満員状態のため駆け抜け、
大崩山頂到着は11時(2時間半は珍しくコースタイムどおり)
展望のない山頂で証拠写真を撮り、直ぐに隊長達を追う。

a0013751_03429100.jpg縦走路分岐を過ぎると途端にスズタケが道を覆うようになってきた。
さらにかなりの数の倒木が行く手を塞いでいる。
倒木を乗り越えたり潜ったりしながら、グングンと縦走路を下る。
最低鞍部を過ぎたところで隊長達に追いつく。
合流し第1ピークの急坂を登り返すが、やはり隊長が遅れる。
調子が悪いようなので、12時半に第1ピークで昼食を摂る。
後片付けをし13時15分に出発。第3ピークは林道への分岐点。
荷物をデポし、空身で鹿納坊主を目指す。隊長はここから下る。


a0013751_0421543.jpg小ピークをいくつか越えると約40分で鹿納坊主。
岩峰をよじ登ると山頂だ、狭い山頂に立つと抜群の高度感。
この頃には雲が暗く空全体を覆い、気温も下がってきた。
今にも雨が降り出しそうな雰囲気。天気が良ければなぁ…
ここも写真を撮ってサッサと下り、来た道を第3ピークまで戻る。
荷物を回収し再び隊長を追う。約30分で林道に出る。

宇土内谷登山口までこの林道を下るが、右手の鹿納谷が美しい。
約1時間で登山口。隊長はさっそく釣りに… 体調悪いはずなのに?
荷物を放り込み再び林道のダートコースを下る。
途中、自分で沸かして入る「湯の谷温泉」を探検。
ここは、川原の五右衛門風呂にパイプで引かれた冷泉を入れ、
自分で薪をくべて沸かす… まさに「秘湯中の秘湯」だ。
残念ながら時間が無くチャレンジできなかったが、次回は必ず入るぞ!

a0013751_0515660.jpg日之影温泉駅にて駅に併設された入浴施設で汗を流し、
カツ丼を食す。
8時半に出発し、大牟田着11時半、
自宅到着は翌日の2時過ぎ。
ちょっとお疲れの山行でしたが、
アケボノツツジの群生は感動的でした。
また、花の時期に訪れたいものです。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-29 00:32 | 山登り  

相変わらずの「足弱登山隊」

【山日記 24】 2005/4/29~30 大崩山 Part1
a0013751_23591393.jpg

4/29(土)快晴
◆ 自宅⇒福岡IC⇒山川SA⇒南関IC⇒Y下氏邸⇒菊水IC⇒御船IC⇒
   馬見原(昼食)⇒高千穂町(買出し)⇒槙峰⇒鹿川キャンプ場(泊)

a0013751_001162.jpgいよいよ黄金週間。
今年は「アケボノツツジ」の大崩山に挑戦。
2年前にもこの付近を歩いたが、
悪天のため半分しか行けなかった。
今回も相変わらずの「足弱登山隊」の顔ぶれ… 
どうなることやら?


本日は登山口近くのキャンプ場入りだけなので、自宅を8時に出発。
連休のため多少込むかも?と思いつつも、福岡ICを8:15通過。
案の定渋滞につかまり、大牟田のY下邸に着いたのは10時過ぎ。
荷物を積み替え、再度菊水ICより高速に乗る。
a0013751_003554.jpg途中、馬見原の山南坊(さんなんぼう)でラーメンの昼食。
高千穂町のJAで食料品の買出し。

結局キャンプ場到着は16時。
連休なのにひと気は少ないが、
明るく清潔なキャンプ場だ。
バンガローは4畳半に二段ベットが付いて、
4000円でした。

a0013751_005670.jpg直ぐにY下隊長は夕食のおかずを釣りに出発。その間夕食の用意。
夕食は、これもまた恒例の「水炊き」なので、準備は超簡単。
魚が来るまで時間があるので、おやつとして「モツ鍋」を作る。
戻ってきたY下隊長の釣果はヤマメが7匹。ナカナカの腕前だな。
その後は延々と飲み続け就寝は12時… 明日はダイジョウブか?
a0013751_043632.jpg
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-29 00:00 | 山登り  

これだともう一杯はイケルなぁ

【麺日記 267】 2005/ 4/27(水) まことうどん
a0013751_0232356.jpg

今日も早めの昼休みを取るがあまり時間がない。
でも、ちゃんと麺は喰いたいな~ってことで「まことうどん」へ。
最近は暑い日が続き、そろそろ冷たい麺が恋しくなってきた。
そこで、「おろしうどん」をチョイス!

塗りの器で出された「おろしうどん」は至って上品。
トッピングは大根おろし・カツオ節・刻み海苔・テンカス・ネギ。
そして、真ん中にそれらをまとめるタマゴの黄身が載せられている。
これらを思いっきりぐちゃぐちゃにかき混ぜ、ズルズルといく。

プリンとしたコシの麺が各トッピングと絡みあい渾然一体となる。
しかし、口の中でそれぞれの食感を感じながらグイグイ食べ進む。
あっと言う間に完食!食べ初めて5分も経っていない…
これだともう一杯はイケルなぁ やっぱ大盛りにしとくべきだった。

場所:西区姪浜駅南1-3 高山質店横  おろしうどん680円

おまけ
a0013751_0253291.jpg
翌日食べたラーメン
チャンポンうまそうだったな。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-27 00:22 | うどん  

ダシの利いたスメと甘めのアゲ

【麺日記 266】 2005/ 4/26(火) 因幡うどん 博多駅店
a0013751_2241036.jpg

本日は博多駅近くで一日中みっちり会議。
そこで、朝食をとりに博多駅地下の「因幡うどん」へ。

a0013751_22501198.jpgいつもは「ごぼう天」だが、なんとなく「きつね」を選択。
ところがフンワリとしたアゲのこいつもうんまい!
昆布のダシの利いたスメと甘めのアゲが
なかなかのハーモニー。
ごぼう天の溶けた天カスも大好きだが
この組み合わせも絶妙ね。
相変わらず、写真を撮った後は
ネギをてんこ盛りで食したが、
これから、大阪風に「ケツネうどん」を食べ歩いてみるか?

おまけ
a0013751_2246156.jpg
夜も別の会議があるため、
早めの夕食に「友ちゃんうどん」へ。
ところが… 店がない! どうしたんだ?

やむなく近くの「住吉亭」へ。
半端な時間だったので客は居ず。
でも、ネギタップリのラーメンは、
ウマカネェ~(何年ぶりだろう?)




□ 因幡うどん博多駅店
  場所:博多区博多駅中央街        きつねうどん 400円
□ 住吉亭
  場所:博多区博多駅南4-5-16    ラーメン  600円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-26 22:37 | うどん  

シンプルだが力強い味わい

【麺日記 265】 2005/ 4/25(月) 長崎亭
a0013751_2332588.jpg

久々にチャンポンが食いたい!そこで「長崎亭」へ。
早めの入店だったが店内はすでに満席状態。人気があるな~
カウンターの端っこに陣取り、長崎チャンポンを注文。

程なくして出されたチャンポンは、シンプルだが力強い味わい。
スープはトンコツベースに鶏がらブレンドのアッサリ系。
ラードで炒めた野菜から、しっかり甘みが引き出されている。
プリプリとした麺は、歯ごたえも良くスープとの相性も好い。

ハフハフ・ズルズルとすすり上げ無事完食。
だが、なんか物足らない… ナンだろうと考えていると、
そうだ!長崎チャンポンと言うわりには長崎っぽくないのだ。
長崎チャンポンは麺と具材をスープでグツグツ長時間煮込み、
a0013751_23335169.jpg麺とスープが渾然一体となっているようなイメージがあるが、
ここのチャンポンにはそれがあまり感じられないようだ。
長崎チャンポン=江山楼の印象が強すぎるのかな?
でも、うまかったですハイ。

ところで、お品書きに「替玉100円」と書いてあったが、
果たして「チャンポン麺の替玉」は出来るのだろうか…

場所:西区福重3-33-6   チャンポン530円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-25 23:18 | その他の麺  

エネルギーに満ちる山

【山日記 23】 2005/4/24 立花山
a0013751_23553314.jpg

◆ 自宅→三日月山登山口→三日月山→立花山→三日月山→登山口→自宅

立花山は自宅に近く、自転車で行けば2~3時間ほどで帰ってこられる。
涼しい時期には良い山だ。しかし、夏場は暑すぎるのでパスしている。
だが、今日は天気も良いし、来週の大崩山に向けて足慣らしに立花山へ。

a0013751_001870.jpg

ソメイヨシノ桜の時期は遥か過ぎてしまったが、
他の桜はマダマダある。
立花山山頂には八重桜(ぼたん桜?)が咲いている。
結構キレイねぇ~

←三日月山にはシャガの花。
登山口の霊園内にもたくさん咲いていた。



a0013751_00333.jpg
山は木々が芽吹き、
全体が浮き足立ったようなエネルギーに満ちている。
そのエネルギーを体全体で感じつつ、山中を歩き回る。

そう言えばタケノコもかなり出ていたな…

暑くなるまでには少しあるので、まだいけるかいな?
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-24 23:54 | 山登り  

このスープにはこれしかない麺

【麺日記 264】 2005/ 4/23(土) 台湾ラーメン 味仙
a0013751_1351293.jpg

恒例の麦夫クンの病院行き。血液検査の結果はまずまず…
検査のあと、最近はまっている中華麺を食べに「味仙」へ。
一度チェックしておかなければと思っていたが今回初挑戦。

狭い駐車場に車を入れ、なんとなく雑然とした店内へ。
献立を眺めるとかなりの品数。中華カレーなんてのもある。
今回は「台湾ラーメンとニラ玉のセット」をチョイス。

鶏がらスープに平たい麺の台湾ラーメンは実にシンプル。
しかし、スープを口に含むとほのかに香る各種の隠し味。
パラリと入れられたニラとセロリ、モヤシも適度な加熱。
味付けされた豚ミンチ?や背油もいいコクを出している。
平たい麺はなめらかだが、このスープにはこれしかないと
言い切ってしまえるほどの絶妙のコンビネーションだ。

a0013751_1361989.jpgセットのニラ玉がまたヨイ。表面は充分過熱されているが、
中はしっとりと半生状態。ボリュームもあり実にウマ~イ。
さすが、へのさんをはじめ麺族の皆さん絶賛の店でした。

おまかせ定食(1050円)は「好き嫌いは言えません」と
但し書きがされているが、
隣で食べてたニーチャンのを見ると、
「酢豚と五目ラーメン」のセット。これがウマソーだったなぁ
次回は「おまかせ定食」にチャレンジして見たいものです。

場所:朝倉郡筑前町粟田1415-5 味仙ラーメン定食630円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-23 01:33 | ラーメン  

カリカリッと揚がった天ぷら

【麺日記 265】 2005/ 4/22(金) 天ぷら まつお
a0013751_28231.jpg

先週の火曜日に行ったら、残念ながら定休日。
今度こそ!と狙っていた「てんぷらまつお」へ。

明るくカジュアルな感じの店内はカウンターのみ。
献立は「天ぷら定食」をはじめ「とんかつ」
「若どり竜田」「えびフライ」などの各種定食と、
「野菜・トウフ・ぶた・あなご等」の単品の構成。

今回は基本だと思われる「天ぷら定食680円」を選択。
手際よく衣を付けられて、次々と揚げられる天ぷら。
サイズはやや小振りだが、エビ(二尾)・キス・サバ
レンコン・ナス・インゲン・イカと、品数は7種もある。

カリカリッと揚がった天ぷらは「だるま」とは異なる味わい。
甘辛の天ツユもグット!さらにみそ汁とお代わり自由のご飯。
高菜漬けなどの各種漬物も自由。イカの塩辛は別料金ですが…
これで680円はかなりお得でしょう!

場所:西区愛宕南2-1 室見川筑肥橋そば 天ぷら定食680円

おまけ
a0013751_2103578.jpg
飲み会後、一風堂大名本店へ…

今回も醤油ラーメンでした。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-22 02:00  

こいつはメチャクチャ熱いぞ

【麺日記 264】 2005/ 4/21(木) きりや
a0013751_1531835.jpg

最近は好天が続いて昼の遠出が楽しい。
さて、本日は以前から注目の「きりや」へ。
昼時だったが店内は空いており、直ぐに着席できた。
献立を眺めると暖簾にもある「中華そば」に惹かれるが、
やっぱり初心貫徹「きりやそば」をチョイス。

a0013751_1572168.jpgなぜかお冷のポットと一緒に運ばれてきた「きりやそば」
トロリとした「アンかけ醤油ラーメン」と言った風情。
真ん中にのせられた一枚のチャーシューが印象的だ。
キャベツ・ニンジン・ネギ・ブタコマ・タケノコなど、
バラエティにとんだ具もうれしい。 

いよいよ、スープをかき分け麺をすする… 
アッ!熱い~! こいつはメチャクチャ熱いぞ~
トロトロのスープが熱を閉じ込めて逃がさないのだ。
ここで、お冷のポットの意味がやっと分かった!
しかし、縮れた麺とスープのカラミも良く、
野菜の甘味とごま油の香りにズルズルといく。

a0013751_1581860.jpg熱さに多少メゲながらも、イッキに完食!
おかげで口の天井を溶かしてしまったが、
ボリュームもあり久々に満足できる麺でした。

店内に「店主通院のためしばらく昼のみ営業」の張り紙。
一刻も早い回復を願っています。
キコキコと帰る途中面白そうな店をいくつか発見…
ウ~ム、この付近にもイロイロありそうだな。

場所:西区姪の浜5-1-27  きりやそば680円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-21 01:50 | その他の麺  

ちょっとビックリのラーメン

【麺日記 263】 2005/ 4/19(火) 登志春
a0013751_22333944.jpg

先日「三洋軒」に行く途中見つけたラーメンのノボリ。
以前、C屋嬢が言っていたラーメン屋はここだったのか?
ならば調査だ!とさっそく突撃~

「ラーメン&定食」と書かれた看板がとってもチープ。
ガランとした店内。オバチャンはテレビを見ている…
ラーメンを注文すると、オジチャンがやおら立ち上がり、
お湯を沸かしに… アチャ~こりゃ外したかなぁ?

「こんなこともあるさ」と諦めの心境で献立を見ると、
定食やギョーザ等が多数、カウンターの前には「おでん」
聞くと夜は12時までやっているらしい。完全に飲み屋だ。

しばらくして出されたラーメン。すでにゴマが振ってある。
おまけにコショウも、それどころか紅ショウガまで!

a0013751_22371280.jpgそいつは自分で入れたいよ~と
半分泣きながら一口ススルと…
透明感のあるスープはトンコツと
鶏ガラのブレンドか?
臭みもなくサッパリしているがうまみは充分。
麺は、しっかり歯ごたえのある細麺。
スープとの相性も良し。
半チャン(ハーフ焼飯)もナカナカ。
これで500円は激安!

ちょっとビックリのラーメンでした。また来ますね~
でも、紅ショウガだけは勘弁してほしいなぁ
ちなみに屋号は「トシシュン」と読むそうです。

場所:西区内浜2-4-52   半チャンラーメン500円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-04-19 22:27 | ラーメン