<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

英彦山に連なる峰入り道

【山日記 31】 2005/ 7/30(土) 釈迦ヶ岳~大日ヶ岳
a0013751_1204360.jpg

◆ 自宅 ⇒ 筑紫野IC ⇒ 武蔵寺 ⇒ 杷木町 ⇒ 斫石トンネル(登山口)→
  鞍部 → 釈迦ヶ岳 → 鞍部 → 第一ピーク → 大日ヶ岳 → 登山口 ⇒
  みのうの里(入浴)⇒ 帰宅

職場のT松さんK島さんに誘われ、釈迦ヶ岳~大日ヶ岳縦走へ。
修験道の山、英彦山の西に連なる「峰入り道」と言われる部分。
急登あり、岩場ありの変化に富んだコースとのこと。
今回は南アルプスを計画中の、N山・I籐の両名も参加。

a0013751_124285.jpg
登山口の斫石トンネルに8時半着。N・I両氏はまだ見えず。
準備を整えていると雷鳴が轟く。今日も天気は不安定。
少しぐらいの雨ならガマンするが、カミナリだけはいけません。

サッサと計画を変更し、温泉巡りにでも行こうと移動中、
I籐氏より「斫石トンネルに着いた」との連絡が入る。
こちらは、まだまだ登高意欲は充分のよう… 引き返し合流。
空を見るとかなり明るくなってきた。ヤッパリ行くか~


再び支度をし10時丁度に出発。トンネル右手の暗い杉林を
10分ほど登ると、釈迦ヶ岳~大日ヶ岳の分岐点に出る。
a0013751_1271449.jpgここから縦走路を右手に辿り「釈迦ヶ岳」を目指す。
いきなり木の根にすがる急登となるが、それも30分程度。

山頂は雲が多く、景色は全く見ることができない。
しかし、天気がよければ英彦山方面の展望が良さそうだ。
しばらく休憩し、植林帯をぬける別道を使い分岐点に戻る。
11時到着。そのまま直進し「大日ヶ岳」へ向う。


a0013751_1275199.jpg分岐を過ぎるとすぐに、ヤセた岩場の通過が待っていた。
コンクリで固めたような岩場なので、足元にさえ注意すれば
問題なく通過できるが、ちょっとスリルがあって楽しい。
岩場を越すと再び樹林帯の急登。立木等のホールドは多いが、
足場はこちらの方が悪く、かなり苦労をしながらの登りだ。

分岐から30分で大きな岩がある第1ピーク。ここで小休止。
かりんとうを齧っていると、天気が回復し日が差してきた。
すると急に暑くなり汗が噴出す。こりゃタマランな~
ここからはハシゴや大岩をくぐるなど、変化のあるコースだ。
最後の植林帯の急登を登ると「大日ヶ岳」12:10着。


a0013751_1295349.jpg山頂は植林のため展望は無いが、東側が開かれており、
先程行ってきた「釈迦ヶ岳」の尖がったピークが見える。
ラーメンとおにぎりの昼食をとり、13:10下山開始。
急斜面を転がるように下る。スリップもたびたび…

再びヤセた岩場を通過し、そのままトンネル横の登山口へ。
到着は14時ジャスト。天気も悪かったが、誰とも会わず。


a0013751_138973.jpg
帰りに、K島氏推薦の美人姉妹がいる「みのう山荘」で入浴。
美人姉妹はどこに?だったが、露天風呂は気持ちよく大満足。
汗を流しサッパリしての帰宅… のつもりが、
筑紫野IC付近の大渋滞に巻き込まれ、帰宅は19時。


今回はちょいとマイナーな山だったが、その分雰囲気は良く、
岩場などに「修験道の山」という風情が感じられた。
シャクナゲやツツジの木も多く、その時期にはきれいな花が
見られるのだろう。また、麓の棚田が美しいことも特筆できる。

次回はもう少し涼しい時期に来ることにしよう。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-30 00:59 | 山登り  

ごはんがタップリ

【麺日記 319】 2005/7/29(金) 福岡市交通局食堂
a0013751_22175648.jpg

7月で三度目の交通局。毎度お世話になります。
今回は贅沢にカツ丼!それも大盛りだぁ~

見た目は「どこにカツがあるの?」って感じ。
でも、タマネギと一緒にとじられたカツが、
タマゴの下にしっかりと入っています。

お味の方は… ごはんがタップリ、満腹です!


a0013751_22183427.jpg
おまけ

あしずり食堂のチャンポン。
こいつはナカナカよか。




場所:西区姪の浜5-9-1   カツ丼(大盛り)400円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-29 22:12  

汁気たっぷりジューシィー皿うどん

【麺日記 317】 2005/7/28(木) 黒田屋
a0013751_030799.jpg

急に赤坂へ出張だ。行きたい麺処はいくつかあるが、
残念ながら時間がほとんど無い。おまけに暑いし~
そうなると早くて汁のない麺… 黒田屋の皿うどんだ!

幸運なことに、時間がズレているためかお客は少ない。
しかし、注文し資料を読みながら待っていると、
いつの間にか店内はイッパイに… 相変わらずの人気。

具沢山の皿うどん。平たい麺はプニプニとした歯応え。
やや濃い目の味付けだが、酢をかけるとマイルドに。
ハフハフと一気に啜り上げ、皿を舐めるように完食…
汁気たっぷりジューシィー皿うどん! ウマかねぇ


場所:中央区赤坂1-3-14ブランシェ赤坂1F  皿うどん500円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-28 00:28 | その他の麺  

ホントにお得な麺ですね

【麺日記 316】 2005/7/23(土) 小麦冶 松崎店
a0013751_0214266.jpg

午前中に所用を済ませ、麦夫くんを病院に連れて行く。
帰ってきたのは夕方… 朝から全然食事をしていない。
さすがにヘタってきたので、近くの「小麦冶」へ。

本当は、シンプルな「かけうどん」でよいのだが、
栄養も補給しなければ!そこで「スタミナ」を注文。
ごぼう天・肉・ワカメ・たまご・ネギのトッピング。
バラエティーに富み、ボリュームもあって390円。
ホントにお得な麺ですね~ 元気が出ます。

□ 小麦冶(昭和食品工業)

場所:東区若宮5-16-20  スタミナうどん390円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-23 00:20 | うどん  

黄身に包まれた麺

【麺日記 315】 2005/7/22(金) ウエスト 小戸店
a0013751_23475086.jpg

暑い日が続くので今日も「冷たい麺」にする。
冷たいうどん…「まこと」も良いが時間帯が悪い。
ウエストにもあったな~ と思い出し、小戸店へ。

店内のメニューを見ると、かまたま(温・冷)を発見。
これだな! 本日はかまたま(冷)をチョイス。
削り節・たまご・きざみ海苔のトッピング。
見た目はごくシンプル。テンカスとネギをのせ、
出汁をかけ、グルブルとかき混ぜる…

黄身に包まれた麺は、ツルツルとのどごしも良い
おまけに、コシもしっかりとして歯応えも好し。
もう少しボリュームが欲しかったので、
シソおにぎりを追加。暑い時期はこれもイケマス。

テレビでぶっかけを宣伝している…次はコレだな。

□ ウエスト

場所:西区小戸4-3-34  かまたま(冷)390円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-22 23:44 | うどん  

熱い麺から敵前逃亡

【麺日記 314】 2005/7/20(水) めんちゃんこ亭 福重店
a0013751_2332523.jpg

ウ~暑い!さすがに「熱い麺」から敵前逃亡をはかる?
めんちゃんこ亭には冷たい麺が三種もあるとのこと。
照り付ける日光を頭頂部に感じながらペダルを漕ぐ。

献立にはソウル冷麺・冷やし中華・冷やしトンコツとある。
今回は消化の良い「そば粉」配合のソウル冷麺を選択。
具はキムチ・胡瓜・チャーシュー・ノリ・ゴマ、それに氷。

スメは塩っぽいが、ダシが効いてキムチとも相性がよい。
麺はコシの強い韓国風だが、幾分細めにされているため、
「噛み千切れない」なんてことも無く、普通にズルズル。
チャーシューは分厚いが、冷たいため少々食べにくい。

ボリュームに疑問は残るが、大盛りもあるとのこと。
次回は冷やし中華かな?

a0013751_23384546.jpg
おまけ
近くにあるココイチ。
ヤッパ、熱いときはカレー?
胃腸の調子は良くなります。




□ めんちゃんこ亭

場所:西区福重2-2-43  ソウル冷麺715円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-20 23:27 | その他の麺  

幸せになれる味わい

【麺日記 313】 2005/7/19(火) 宝島
a0013751_011895.jpg

ひさびさの宝島へ。
今日は「ワンタンメン」にチャレンジ。
麺は、細麺と平麺があるとのこと、今回は細麺を選択。

プクプクとしたワンタンとチシャ?それに煮タマゴ。
シンプルな具材だが、美しいレイアウトだなぁ
「五福」とは全く違う方向性の麺ですね。

期待のワンタンをひと噛みすると、プリンとした食感。
そして、中からジワッと肉のウマミがしみ出してくる。
麺は細めだが歯ごたえ良く、ツルツルと喉ごしも良い。
薄味のスープは、口に含むとホンノリとした鶏の香り。
だが、表面に浮かぶネギ油の香りが全体を引き締める。

なんだか幸せになれる?味わいの麺でした。
ただ、もう少し量があるともっと幸せになれるのに…

場所:西区姪浜駅南1-7-20  ワンタンメン670円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-19 00:10 | その他の麺  

干しえびがアクセント

【麺日記 312】 2005/7/18(月・祝) 十時
a0013751_013010.jpg

てん子さんのブログにあったウマソなチャンポンの店へ。
地物の魚が美味いらしいが、チャンポンが評判とのこと。
これは調査の必要ありと直感! 早速、車を飛ばし入店。

見回すと店内の客は、ほとんどチャンポンを食べている。
しばらくして出された期待のチャンポンは野菜タップリ!
噂どおり塩気の強いスープだが、魚介類のエキスが濃厚。
トッピングの干しえびの香りが、アクセントになっている。

麺は蒸し麺らしく、プツプツとした独特の歯ごたえが新鮮。
やや細めのシルエットだが、麺自体にウマミが感じられる。
最後までのノビこともなく、濃厚スープとの相性も良し。
ただ、干しえびの香りは好き嫌いが分かれるところかな。

この道沿いは蓬莱屋や松露などチャンポンが名物の店が多い。
海に近く、新鮮なシーフードを手に入れ易いせいだろうか?


a0013751_021759.jpgおまけ
近くにある「ファームレストランまねき猫」
地粉を使ったうどんを出すとのこと。

出されたうどんは珍しくフスマ入り。
色も緑や紫と色とりどりだ。
ただ、完成度は今ひとつ…
これから頑張りましょうね!

宗像地区にもウマソな店数多し。

場所:宗像市神湊1905-1  チャンポン650円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-18 00:00 | その他の麺  

行列ができるのもうなずける

【麺日記 311】 2005/7/16(土) 安全食堂
a0013751_23162581.jpg

井原山の帰りに、懸案として残っていた「安全食堂」へ。
何度かチャレンジしたが、休みだったり早く終わったりで、
食すことができなかった店。今回、初めて入店が叶った。

満員の店内は、家族連れやカップルで賑わっている。
促されテーブルに相席で座る。すぐにラーメンを注文。
しばらくすると、今度はカウンターに移動させられる…
だが、ここはラーメンが作られている様子が良く見える。

出されたラーメンは、ネギとチャーシューだけの簡素な具。
スープはアッサリした口当たりだが豚骨の旨味がタップリ。
a0013751_23231265.jpg麺も細すぎず香りも良い。スープと麺のバランスはさすが。
シンプルイズベスト!行列ができるのもうなずける味です。

替玉を注文すると、店の奥からすぐに麺が運ばれてきた。
カウンターの前に置かれた釜とは別に、
麺茹で(替玉)専用の釜が用意されているのか?

しかし、チャンポンはエラクうまそ~!次回はこれだな~

場所:福岡市西区徳永1059-1  ラーメン420円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-16 23:15 | ラーメン  

木立の中に群生する朱色の花

【山日記 30】 2005/ 7/16(土) 井原山
a0013751_2315779.jpg

◆自宅⇒福岡都市高速⇒瑞梅寺⇒井原山登山口(キトク橋)→洗谷→縦走路→
 井原山山頂(昼食)→水無分岐→水無鍾乳洞(オオキツネノカミソリ群生地)→
 井原山登山口⇒安全食堂⇒自宅

ひと月ほど山に行っていない… 暑いけれど山に行こう!

a0013751_2320527.jpgこの時期は「オオキツネノカミソリ」が開花する時期。
井原山は、その「西日本随一の群生地」と言われている。
実は、近くに住みながら一度も見たことが無かった。
そこで、犬ヶ岳に同行したT松・K島両氏と「井原山」へ。

早朝に都市高速を利用し、今宿ICを経由7時に登山口着。
まもなく両氏も到着。下山予定地の「水無鍾乳洞入口」に
車を一台置き再び登山口へ。支度を終え8時に歩き出す。


a0013751_23205560.jpg洗谷に入り水の音を聞きながら歩く。夏は沢が○ですな。
途中、カエルを飲み込むヘビに遭遇!チョッとビックリ。
カメラを向けるとカエルを放して逃げちゃいました。
食事の邪魔をして悪かったなぁ カエルの恩返しってあり?

ヤマアジサイが可憐。オオキツネノカミソリはどうだろう。
木立の中に群生する朱色の花…想像しつつ沢を詰める。
ロープにすがる所もあるが、変化に富んで飽きさせない。

最後の急斜面を這い上がると縦走路に10:15着。
休憩し山頂を目指すが、今度は直射日光に炙られ暑い。


a0013751_2322129.jpg15分ほどで井原山山頂。花見物だろうか?かなりの人出。
不思議なことに、トンボと蝶が辺りを飛びまわっている。
ラーメンの昼食をとり、記念撮影後11:45に出発。
メインのオオキツネノカミソリを目指し水無鍾乳洞へ向う。

縦走路を三瀬方面に少し歩き、分岐点から左手に入る。
潅木帯に入るといきなり急斜面。木にすがるように下る。



a0013751_23272258.jpg足場の悪い道を20分ほど下ると沢に出る。
ここからは傾斜も緩やかになり、歩きやすくなる。
沢を右手に見ながら、明るい谷をしばらく行くと水無鍾乳洞。
現在は立ち入り禁止となっており、中に入ることはできない。

この鍾乳洞付近がオオキツネノカミソリの群生地のはずだが?
まだつぼみが多く花はほとんど無い… まだ早かったのかと
ガッカリして歩いていたが、下るにつれ花も増えてきた。
想像どおり、薄い朱色の花が木立の中にポツンと咲いている。
しかし、日のあたる場所の花は鮮やかなオレンジ色。


a0013751_2332862.jpg
葉は無く、花を付ける芽だけがまっすぐに伸びている。
あとで看板を見ると「ヒガンバナ科」と書かれていた。
どうりで「マンジュシャゲ」のような花の付け方だ。
途中湧き水を汲み車を置いた場所まで戻る。13:10着




a0013751_2332305.jpg
今回は、花の盛りには少し早かったようだが、
それでも雰囲気のある花を見ることができた。
汗っかきなので、暑い時期は山登りを避けていたが、
低い山でも選んでいけば充分楽しめるな。

今度はどこに行こうか?
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-16 23:06 | 山登り