<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

さすがは鷹戦士御用達

【麺日記 350】 2005/9/29(木) まるきん亭
a0013751_0132228.jpg

通訳さんオススメのイタメシ屋「ロゼッタ」に行こうと、
ペダルを漕いでいたら「ロゼッタ」の先にラーメンのノボリ…
ムムッこれは!行かねばなるまい。急遽目的地を変更し突入。
名前は「まるきん亭」 カウンターに案内され献立表を見る。
ラーメンをはじめ皿うどんやチャンポンなど普通の食堂風だ。

More
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-29 00:11 | ラーメン  

ノビ感を愉しむ

【麺日記 349】 2005/9/28(水) 麺工房 なか
a0013751_0254892.jpg

久しぶりに大名へお出かけ。さて、どこで啜ろうか?
今日も日差しが強い…ってことで「なか」でぶっかけだ。
お昼を少し廻った時間。引き戸を開けると2~3人の客。
皆温かい麺を啜っているが、初心貫徹「ぶっかけ」を注文。

More
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-28 00:23 | うどん  

こいつは手ごわい

【麺日記 348】 2005/9/27(火) 大地のうどん
a0013751_2230110.jpg

今日は少し涼しいのでチャリを飛ばし「大地のうどん」へ。
最近はテレビ出演の効果か、かなり繁盛しているとの噂。
少し時間を遅らせ入店。しかし、予想どおりの盛況でした。
コレはテレビ効果だけじゃなく、しっかり客が付いた証か?

腹も減っていたので、ごぼう天うどん+ミニカツ丼を選択。
席から奥さんがごぼう天を揚げている姿をじっくり観察。
しかし、天ぷらがデカイな~ 天ぷらナベからはみ出すほど。
おまけに、ごぼうをドンドン追加している… 大丈夫かい?

と思っているうちに出される「ミニカツ丼」はトロトロ状態。
「コレはよさげネ」と思っているうちに、出されたブツは…
ビックリ仰天のごぼう天だ! 屏風のようにそそり立つ姿は
まるで、北岳バットレスか?穂高の屏風岩か?と見間違うよう。
こいつは手ごわいぞ~ 難攻不落の壁に挑むクライマー気分。

手始めはスメに浸かった基部に喰らい付き、徐々に上部へ移る。
だが、壁は高く中腹付近でビバーグ。気分を引き締め再挑戦。
道具は割り箸のみ。ようやく頂上付近にたどり着くも遭難寸前。
ミニカツ丼もかなりの重量があり、疲れた足を引っ張る。
だが、レスキューは望めず… 最後まで一人で戦い抜くのだ~

10分後、ボロボロになりながらもジャイアントごぼう天を征服。
マジに登ったような気分ですな。白い灰になりながらも奥さんに
「デカ過ぎ!」と言うと「つい大きくなるんですぅ」だとさ。
サービスの心がそうさせるのでしょうね。その心意気が嬉しか~
前回に比べ2倍の大きさに成長していますよ!

コリャまた面白いうどん屋になってきましたねぇ

場所:福岡市西区上山門2丁目1-18 ごぼう天うどん450円 ミニカツ丼250円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-27 22:23 | うどん  

落ち着いた雰囲気

【麺日記 347】 2005/9/25(日) 博多 五行
a0013751_0452796.jpg

本日は所用で天神へ。
午前中の会議が終わり、新しく出来た「五行」へ向う。
ラーメン好きのOさんと入店。店構えは和食料理店風。
メニューは焦がし「醤油」「味噌」に「塩」「つけ麺」
他にサラダや「鶏飯」等もある。今回は「つけ麺」を選択。

More
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-25 00:43 | その他の麺  

不完全燃焼

【山日記 35】 2005/9/22~23 十坊山~雷山 Part1
a0013751_013407.jpg

◆ 自宅 ⇒ 福吉駅 → 十坊山 → 白木峠 → 浮岳 → 荒谷峠 → 女岳 → 荒川峠

四国から帰ってボ~としていたが、どうも不完全燃焼気味…
そこで、以前から考えていた「背振山系縦走」を試すことに。
2泊程度で行ければ上出来だが、時期が悪い(暑い)ので、
「ダメもと」で行ける所までとする。

a0013751_005897.jpgスタート地点の福吉駅を7:40に出発。日差しが強い。
樹林帯の登山道は風がなく蒸し暑い。既に汗まみれだ。
喘ぐこと100分で「十坊山」ここで30分遅れに。
山頂は相変らず展望が良い。唐津方面が一望のもとである。
足元のどんぐりが秋を感じさせる。

山頂より一旦「白木峠」迄下り、再度「浮岳」まで登り返す。
道も細くなり、イノシシが土をほじくり返した跡が見える。
約2時間で浮岳山頂。10人ほどの人が食事をしていた。
カリントウを齧っていたらりんごを貰う。スッパくて旨い。
休憩もそこそこに12:10出発。稜線伝いの道もあるが、
時間短縮のため平行した林道を歩き「荒谷峠」で昼食。

a0013751_043127.jpg
荒谷峠からは樹林帯を直登。蜘蛛の巣が次々と顔を襲う…
「女岳」13:50着。しかし、ここでタイムアウト~
水場の関係で、本日の幕営地は「荒川峠」に決定だ。
予定の半分程度だが仕方ない。30分ほど休憩をとる。
ここからはゆっくり歩き「荒川峠」着15:30。


a0013751_045648.jpg
車道の横の空き地にテントを張る。車は2台通ったのみ。
夕日を見ながらマーボー丼の夕食をとり就寝…
ところが、テントの周りをガサゴソと動物の気配。
イノシシにしては小さい。何度か見かけたタヌキかな?
テントを叩き「シッシッ!」と言ったらいなくなった。


a0013751_053496.jpg
夜も気温は下がらず、寝袋も使わないで済んだ。
ただ、一晩中ラジオ?の音が聞こえていたのが気になる。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-22 23:57 | 山登り  

体力不足が一番

【山日記 36】 2005/9/22~23 十坊山~雷山 Part2
a0013751_0172993.jpg

◆ 荒川峠 → 羽金山 → 長野峠 → 雷山 → 雷山観音 ⇒ 前原駅 ⇒ 自宅

朝は5時に起きたが、雲が厚く暗いため二度寝…
今度はパラパラと降ってきた雨で目が覚める。
段々と雨脚が強くなり、あわててテントを撤収し出発。
しかし、かなり濡らしてしまったので、気分が暗い。

a0013751_0195592.jpg
ここから「羽金山」を目指すが、ほとんど踏み跡程度。
テープを頼りにルートを探しつつ歩く。藪も深くなり、
腕はイバラで傷だらけ。羽金山手前ではルートが塞がれ、
とうとう進むことができなくなる。仕方なく一旦戻り、
山頂まで続く車道に出て登り返す。ここで1時間のロス。


a0013751_0201550.jpg
「羽金山」山頂には以前から気になっていた施設がある。
なんと200mもあるアンテナが立てられているのだ。
日本標準時及び標準周波数を全国に送信するための施設…と看板に書かれていた。
まあ、ここから電波時計用の電波が送られているわけね。


a0013751_026296.jpg
勝手に敷地内に入りこみ、三角点の所で休憩していると、
職員が現れ、住所・氏名・目的を記入するよう言われる。
テロリストと間違われたかも?暫く休憩し縦走路に戻る。
12時出発。再び藪コギを続け「長野峠」13:50着。
ここはモトクロス場が近く騒々しいので急いで抜ける。


a0013751_0264855.jpg
「雷山」への登りも、背の高さを超える藪の連続…
おまけに雨も降り出し、ヘロヘロ状態で16時着。
山頂は霧の中で展望は全くなし。
もう1泊して先に進むことも考えたが、疲労感多し。
ここから下山することに決定。薄暗くなった道を辿る。
「雷山観音」17:20着。タクシーを呼び前原駅へ。


a0013751_027172.jpg
はなから全て歩けるとは思っていなかったが、
3分の1程度しか進めず… こりゃ完全に失敗ですな。
原因はいくつもあるが、体力不足が一番でしょう。
ただ、滅多に行けないコースを歩けたことは収穫かな。
これからもコツコツとつないでいきましょう。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-22 00:16 | 山登り  

当店のカツはミルフィーユ

【麺日記 346】 2005/9/19(月) 箱崎亭
a0013751_0182597.jpg

三洋軒に引き続いて、まんぢさんのサイトで話題に
なっていた「ともえ食堂」に向うが、残念ながらお休み… 
そこで向かい側にある「箱崎亭」へ突入することに。

半端な時間のためか店内には先客は誰も居ず。
ラーメン以外に「トンカツ」のメニューがズラリ!
a0013751_01939100.jpg「当店のカツはミルフィーユです」とのこと。
薄切り肉の「重ね揚げ」ってことですか?
興味をそそられるが、今回はラーメンを食べるのだ。

小振りの丼に、上品に注がれたスープは、
やや茶色味が強い「とんこつ色?」…如何にもですネ。
想像通り醤油タレが強く、トンコツダシが弱いようだが、
ニンニクの風味がそれを補っている。
シッカリとコシを感じる麺がいいバランスだ。
これで390円はお安いのではないでしょうか!

場所:東区箱崎2-39-4   ラーメン390円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-19 00:16 | ラーメン  

このような場所に

【麺日記 345】 2005/9/19(月) 三洋軒
a0013751_0135118.jpg

本日は山から戻り休養日。あんまり疲れていないけど…
四国ではウマイ麺に出会えなかったので、近所を探る。
へのさんのサイトによると、箱崎近辺には面白そうな
麺処が数店。まずは箱崎ふ頭にある「三洋軒」に向う。

a0013751_0141427.jpg国道から少し入った場所にあり、少しわかりにくい。
2時を廻った時間帯。オバチャンが一人で切り盛り。
店内には先客が1名のみだ。すぐにラーメンを注文。
具はネギ・海苔・焼豚。シンプルさに好感が持てる。

なみなみと注がれたスープの表面には小さな泡が~
友人に言わせると「泡があるラーメンはマル」らしい?
一口ススルと… コッテリしているが嫌味が無い味。
醤油タレとのバランスも良く、ズルズル入ってしまう。

a0013751_0144267.jpg福岡では太からず細からずの麺だがモチモチ感があり、
ボリュームもある。テーブルの辛子高菜漬もウマカ~
このような場所(失礼!)だが、
超穴場的優良店発見!というところでした。

向かい側に「湯桶庵?」気なるそば屋…

場所:東区箱崎ふ頭3-7-1  ラーメン450円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-19 00:11 | ラーメン  

デッカイ鎖だ

【山日記 33】 2005/9/16~18 石鎚山 Part1
a0013751_116281.jpg

◆ 自宅 ⇒ 小倉 ⇒ 浅野港 ~ 松山港 ⇒ 松山市内 ⇒ 西之川(石鎚登山口)+
   ロープウエイ + 成就社 → 前社ヶ森 → ニノ鎖小屋 → 弥山 → ニノ鎖小屋 →
   土小屋 → よさこい峠 → しらさ峠(山荘しらさ)

今年の夏のイベントとして、四国への遠征を企画。
ただ、四国の山は今回が初めて、ならば最高峰を目指すぞ~
という事で石鎚山(1981m)に行くことに決定。
同行は「北九の御大」ことU田氏。3月の久住以来だ。

続きは…
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-18 01:14 | 山登り  

利尻はまだ先かな

【山日記 34】 2005/9/16~18 石鎚山 Part2
a0013751_1361277.jpg

◆ しらさ峠 ⇒ 瓶ヶ森登山口 → 瓶ヶ森(女山)→ 台ヶ森鞍部 → 東ノ川登山口 →
   西之川 ⇒ 大洲 ⇒ 八幡浜港 ~ 別府港 ⇒ 小倉 ⇒ 自宅

a0013751_1364477.jpg
昨日の夜は濃い霧で、雨だれのような音が続いていた。
だが、夜が明けると霧も薄れ天気も回復基調となった。
こりゃ露が降り濡れた笹の道はシンドイなと思っていたら、
山荘の方から瓶ヶ森の登山口まで送ってもらえることに。
いささかの抵抗感もあったが、予定より遅れていたので、
ご好意に甘えることにする。コレで計画の時間に追いつくぞ。

続きは…
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-18 01:00 | 山登り