<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

本日の日替わり定食

【麺日記 528】 2006/ 9/28(木) うちだ屋 姪浜店
a0013751_22361182.jpg

昼休みが短くなって行動範囲が極端に狭くなった。
したがって何件かの店をグルグル廻るだけに…
しかし、近くてもあまり行かない店がいくつかある。
この「うちだ屋」もそのひとつだが、たまにはネ。

本日の日替わり定食は、イカ天丼とうどんのセット。
丼とうどんはサービスでどちらかを大盛りにできる。
当然、うどん大盛りをチョイス。漬物は取り放題だ。

うどん麺は冷凍か?つるりとした表面と独特のコシ。
特筆すべき点は見つからないが、ボリュームは満点。
丼もフワトロのタマゴとプリプリのイカがグットね。

おかげで満腹になってしもた~ 午後からがツライ~

場所:西区姪浜駅南2-1-24  日替わり定食580円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-28 22:32 | うどん  

口の周りが多少ベタつく

【麺日記 527】 2006/ 9/26(火) 新生飯店
a0013751_23503271.jpg

本日午後は天神で会議。
時間が無いので近くのチャンポンを啜りに行く。
「リンガーハット」の前を通り過ぎた辺りの暗い路地。
その一番奥に古びた二枚の看板が見える。
a0013751_23504840.jpg

一枚は「楽天地」 福岡では有名なもつ鍋屋。
昔は仕事帰りによく通ったものです。
もう一枚が本日の目的地、北京料理「新生飯店」だ。
昼は中華料理、夜はもつ鍋と時間帯で店舗をシェア。
経営者は違うようだが、どちらも評判のお店である。
a0013751_2351641.jpg

じっくりと煮込まれクタクタになった野菜。
その野菜から出た旨みがスープに溶け込んでいる。
麺も充分に煮込まれ野菜・スープと渾然一体だ。
ラード?コラーゲン?口の周りが多少ベタつくが、
これが「チャンポン喰った!」と感じさせてくれる。

見た目も「リンガーハット」とは対極の麺ですね。

場所:中央区天神1-10-14  チャンポン550円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-26 23:48 | その他の麺  

何度登ってもキツイ山

【山日記 52】 2006/9/24(日)  宝満山
a0013751_0251132.jpg

◆ 自宅⇒かまど神社13:30→一の鳥居13:50→14:50山頂15:00→15:10キャンプ場16:00→17:00かまど神社17:15→18:00自宅

今年の夏は、暑かったのとメンタル的に弱気になっていたため、
まったく山行ができなかった。お仲間は南アなどに行っていたのだが…
少し涼しくなったせいなのか、久しぶりに山に行ってみようかと思ふ。
6月の「鷹ノ巣山」以来3ヶ月振りである。かなり開いてしまったなぁ。
a0013751_0282922.jpg

目的地は歩きなれた「宝満山」
「宝満山」小学校の時に登って以来、数え切れないほど登った山であるが、
何度登ってもキツイ山。しかし、山の魅力を教えてくれたところでもある。
雪の中を歩いたのも、コンロでお湯を沸かしたのもこの山が初めてだった。
この山だったら、少しでも錆付いたココロをブラシアップできるかな?
a0013751_032123.jpg

「太宰府天満宮」を横目に見て、登山口である「かまど神社」に車を置く。
ここで近所のE崎氏とバッタリ。人気の山ですね~いろんな人と出会うわ。
歩き始めて20分ほどで「一の鳥居」山道はここから石段の連続となる。
さらに20分で「水場」へ到着。小休止後さらに急になった石段を登る。
a0013751_02668.jpg

ジグザグに付けられた道をたどり高度を稼ぐと「百段ガンギ」に至る。
整然と組まれた石段はキッチリ100段。喘ぎながらも一気に登り切る。

切れる息を整えていると目の前に「芭蕉句碑」 なんて書いてあるの?
以前は修験の山だったので、いたるところに「梵字」が彫られている。
a0013751_0262930.jpg

「中宮跡」を過ぎると道はなだらかになり、かなり視界も広がってくる。
直接山頂に向うコースをとるが、道を外れ山頂を望む大岩の上に出る。

景色を楽しんだ後はルートへ戻り、10分ほどで宝満山頂へ達する。
既に夕方の時間帯になっているが、相変わらず人出は多く賑やかだ。
a0013751_0291643.jpg

すぐにキャンプ場へ移動。傍らには水場があり冷たい水を確保できる。
クッキーを齧り休憩。この時間が心地よい… 少し元気が出たようだ。
a0013751_0304271.jpg

日も傾き、人気も疎らになった山頂に再度登り社にお参りした後に下山。
「暗くなる前にと」来た道を下りるが、思うように足が動いてくれない。
3月のブランクは堪えます。一の鳥居まで来ると膝が大声で笑っている。
コリャ元の感覚を取り戻すまで少しかかりそうですなぁ 
a0013751_0322018.jpg

でも、宝満山に来てよかった~ また登る元気をもらったみたい。
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-24 00:23 | 山登り  

スムース&クリーミー

【麺日記 526】 2006/ 9/23(金) 博多濃麻呂 名島橋店
a0013751_2392996.jpg

映画の帰りにうどん屋に寄ろうと思ったが、
これと思う店が浮かばず自宅近くまで来てしまう。
ふと横を見ると「博多濃麻呂」が目に入る。
この店も家の近くだが行ったことがなかった。
半端な時間で客も居ないもよう。行っとくか~
a0013751_2394814.jpg

小奇麗な店内は窓が大きく明るいイメージ。
メニューはベースのラーメンにネギやノリの
トッピングで細かく価格が変わるスタイル。
他にみそラーメンやタンメン等もあるようだ。
替玉も細麺や卵麺なんてのもチョイスできる。
a0013751_2310769.jpg

最初ですからシンプルにラーメンを選択する。
具はチャーシュー・海苔・キクラゲ・ネギ。
油が浮いたスープはコッテリしているようだが、
意外とスムース&クリーミーな味わい。
悪く言うと量産型の安定した味わいか…

細麺は歯応えもよく、麺とのからみも悪くない。
卵麺の替玉もヨサゲだったが今回はここまで。
突出した個性は感じられないが、
雰囲気も含め確実に一般受けるラーメンですネ。

因みに二子玉川にも出店しているらしい。
知らんかったな~

場所:東区名島2-32-12  ラーメン480円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-23 23:07 | ラーメン  

UDONが喰いたい

【麺日記 525】 2006/ 9/23(金) MIOMIO
a0013751_20262142.jpg

映画「UDON」を打ち切り寸前にやっとこさ鑑賞。
早くから行こうと思っていたがチャンスがなかった…
上映時間まで少しあるので近くの「ミオミオ」に入る。
a0013751_20285690.jpg

「ピエトロ」が母体のファーストフード店のようだ。
カップに入ったサラスパのようなものがメインだが、
担々麺やフォーなんかもある。フムフム面白そうやね。
今回は「チキンと水菜のフォー」をチョイス。
a0013751_20293711.jpg

商品写真に比べるとイヤに量が少ない~ 半分位か?
あっさりチキンスープと水菜のシャキシャキ感は○
だが、充実感は△か?この手の店では仕方なしかなぁ

映画「UDON」は讃岐うどんブームの仕掛け人達が、
うどんをテーマに「自分のやりたいことはナンだ?」
と悪戦苦闘し、その過程で成長していく姿を描く、
笑いあり涙ありCGありのテンコ盛り青春映画…

2時間強の上映時間は少々長いかなと思っていたが、
「恐るべき讃岐うどん」の田尾さんが映っていたり、
チョイ役に豪華ゲストが出ていたりと飽きさせない。

昔「タンポポ」と云う映画を観た後(ラーメンではなく)
オムライスが食べたくなり、家で練習をした覚えがある。
今回も、素直にうどんが食べたくなった~

場所:糟屋郡久山町大字山田1075 トリアス久山  チキンと水菜のフォー370円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-23 20:24 | その他の麺  

一杯で二度美味しい

【麺日記 524】 2006/ 9/21(木) 駅前ラーメン
a0013751_20132830.jpg

ご近所ラーメン店(その2)は「駅前ラーメン」
その名のとおり、西鉄香椎駅前にあるラーメン店。
鄙びた外観はレトロさを醸している。
a0013751_20215581.jpg

ラーメンもそれこそ「昔懐かしい味」
スープを見るとコッテリしていそうだが、意外とサラリ。
だが、しっかりとトンコツのダシ・匂が利いている。
麺の太さは中位だが、適度に茹で上げられて好感触。

卓上に「激辛特製にんにく」ってのが置かれている。
どうやらニンニクの唐辛子漬けのようだ。
a0013751_2015307.jpg

試しに2~3片をラーメンに放り込む。
すると、まったく別のラーメンになってしまった。
ニンニクで獣臭が抑えられ、唐辛子がパンチを効かせる。
これがナカナカ良い。一杯で二度美味しいラーメンですな。
a0013751_20221215.jpg

最近はわざと古い味を出す店も多くなったが、
ここは昔のままの味わいを守ってきたのだろう。
区画整理が進み周りに空き地が増えているが、
いつまでも頑張って欲しいものです。

場所:東区香椎駅前2-16-32   ラーメン450円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-21 23:46 | ラーメン  

清潔感が落ち着かない?

【麺日記 523】 2006/ 9/21(木) 味好ラーメン
a0013751_23525682.jpg

本日は休みだがノープラン… 山に行けばよかったが、
暑いし時間も完璧に出遅れ状態。もったいないな~
そこで、家の近くにあるラーメン屋をハシゴする。

最初は「味好ラーメン」へ。
香椎駅前にあったが、最近再開発で香椎参道に移転。
以前は居酒屋だったところ。さて、どう変わったか?
a0013751_23533328.jpg

店内はカウンター10席程度。思ったより小さい印象。
新しく清潔感があるのは良いが、少し落ち着かない…
時々見かける、油ベトベト・ごきぶりチョロリは困るが、
以前の「駅前のラーメン屋」然とした雰囲気が懐かしい。
a0013751_2353481.jpg

ラーメンは以前に比べアッサリ感が増し軽い味わい。
ただ、軽快な分だけ深みというようなものが少ない。
ライト&スムースは万人受けすると思うが、
もう少しクセと言うか個性が欲しいところかな。

場所:東区千早5-14-24    ラーメン450円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-21 23:45 | ラーメン  

素面のときに会いましょう

【麺日記 522】 2006/ 9/15(金) 博多中華そば まるげん
a0013751_23223149.jpg

飲み会のあと、最近話題のお店「まるげん」へ突入。
しかし、酩酊状態だったため細かい点は忘却の彼方…
今度はシラフのときに訪問しましょうネ。
a0013751_23225764.jpg
こちらは連れが食べていた平打ち麺。これもヨカネ~

場所:中央区平尾2-2-18  博多中華そば(ネギ味玉子入り)720円


本日のプリティ
a0013751_23291152.jpg

みんな揃ってパチリ!
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-15 23:15 | ラーメン  

太目が好き~!

【麺日記 521】 2006/ 9/11(月) やお八うどん
a0013751_21463032.jpg

先日行った西新の居酒屋に財布を忘れしまった。
電話をすると預かっているとのこと、早速回収に向う。
ついでに「拉麺萬」で麺でも啜ろうと寄るがあいにく休み。
こいつは困ったと振り返ると、うどん屋が目の前にある。
「やお八うどん」か… 聞いたことは無いが突入だ。
a0013751_21464773.jpg

店内にメニューが張ってあるが字も小さくわかりにくい。
とりあえず目に付いた「かき揚げうどん」をチョイス。
大きめのかき揚げにはエビが入っているではないの。
意外と豪華ね。ただ、スメの色が濃いのが気になるな~
この手合いは妙に甘かったり、薄かったりするのだが…
a0013751_21471285.jpg

しかし、一口ススルと「これはっ!」グッと来る旨味~
嫌味の無い濃厚出汁の味わいが口中に広がる。
麺は茹で置き。当然ポヨンテロンとした歯応えであるが、
太めはキライではない、むしろ好きな部類に入るのだ。
こりゃまたイイねぇ~ 思わず汗だくになりながら啜る。
かき揚げもイイ具合にゴツくて食べ応えあり。

意外なお店を発見!って感じですな。西新は面白いね~

場所:早良区西新4-9-1  かき揚げうどん400円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-11 21:43 | うどん  

柔らかうどん

【麺日記 520】 2006/ 9/ 7(木) 恵味うどん
a0013751_2139131.jpg

記事は古いが、久々の更新です… 

本日は春日市へ会議出張。
会議は午前中には終了。さて、昼飯はどこで済まそうか?
あれこれ考えながら車を走らせていると「恵味うどん」の看板。
そう言えば、まだこのうどん屋には入ったことがなかったな~
麺好きの間では評判だけど、なぜか未調査だったお店。

近くのパーキングに車を入れ店内へ。
入口近くのカウンターに陣取り、すばやく店内をチェック。
間口は狭いが結構な奥行き。まるで古い町屋の風情である。
4人掛けのテーブルが3。奥のほうには小上がりも見える。
目の前には湯釜が据えられ、次々と麺が投入されている。
a0013751_2140189.jpg

献立表を見ると「ぶっかけ」や「おろし」など冷系もあるが、
初のれんはヤッパ「ごぼう天うどん」でしょうな。

きれいな井桁状に組まれたごぼう天が印象的。
さらに上品なカツオ節の香りが鼻をくすぐる。
透明感のある薄い麺は、まるで細めのキシメン状。
「なか」や「川端うどん」に通じるモノが感じられる。

タイミングのせいか柔らかくヘナヘナとした食感であるが、
その柔らかい歯応えの麺とスメの組合せがナカナカの味わい。
福岡もさぬき系の「歯応え重視うどん」が多くなってきたが、
このようなお店が頑張っているのを見ると嬉しくなるな~

柔らかうどんで、ほっこり幸せ気分の午後でした。

場所:中央区薬院3-7-15  ごぼう天500円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-07 21:36 | うどん