<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

頭上は抜けるような青空なのに

【山日記 58】 2006/12/23(土) 井原山~雷山
a0013751_0485821.jpg

◆ 自宅6:30⇒曲淵ダム7:45⇒古場岳8:30→9:30井原山9:40→11:00雷山(昼食)12:45→13:30古場岳13:45⇒ななのゆ(入浴)15:00⇒曲淵ダム15:45⇒17:00自宅

最近、急に山に目覚めた職場のS原クンを誘い「井原山」へ。
K島氏の車に乗せてもらい曲淵ダムでT松・K下氏の2名と合流。
今回は5名で登山口の古場岳より前回と同じ周遊コースを辿ることにする。
a0013751_0502396.jpg

雲ひとつない空はキリリと晴れ渡り、普段は出ない登高意欲が湧き上がる。
空き家が目立つ別荘地を抜け、樹林帯をひと登りすると鉄塔の下に出る。
小休止したあと鉄塔の横を回り込むように付けられている道を登る。

天候は良いが放射冷却のせいで気温は低く、笹の葉に付いた霜が印象的。
登山道の霜柱をザクザクと踏みしめると、程なく井原山の山頂に達する。
展望を期待していたが、ナゼか水平方向は靄がかかって街も山も見えず。
頭上は抜けるような青空なのに… 人も少なく閑散とした山頂。
a0013751_0504535.jpg

記念写真を撮ろうと山頂の表示を探すが、いつもの場所に見当たらない。
辺りを探すと岩陰に根本からポッキリと折れた表示板が置いてある。
最近、大荒れの日が多くなっているので強風で飛ばされたのだろう。
岩の上に移動させ記念写真を撮る。次回は新しくなっているでしょうか?
a0013751_05124.jpg

雷山方面への道を辿る。日陰に雪が残っているのは先週の寒波の名残だ。
この道は歩きやすい。落葉した木々と残雪と青空のコントラストが印象的。
おそらく付近の縦走路では、四季を通じて一番雰囲気の良い部分であろう。

途中の944mピークで小休止。ここで各自秘蔵の行動食を食べるのだが、
それぞれにこだわりがありK島氏は「黒棒」K下氏は「板チョコ」など、
毎回だいたい同じもの持参しているようだ。皆さんのご相伴にあずかる。
a0013751_0513321.jpg

笹の上に点々と残った雪を眺めながら緩やかな坂を上り詰めると「雷山」
広い山頂には井原山とは違い先客が数グループ。ここで早めの昼食をとる。
本日は「おでん」を持参。ビール無しがタマにキズだが車なのでヤムナシ。
具を食べた後のスープにラーメンを投入し完食したが、かなり食べ過ぎか。
a0013751_0515443.jpg

縦走路を少し戻り古場岳方面へ。下り始めるとすぐに暗い植林帯へ入る。
自然林が残されているのは稜線沿いだけで、それ以外は植林ばかりである。
ぶら下げられたカンカンやペットボトルなど、妙な目印を横目に見ながら
下ること45分で車を置いた場所へ戻る。所要時間5時間の行動だった。

帰りに近くの「ななのゆ」で汗を流す。お湯はヌルヌル系でキモチよし~
だいたい1時間位は入っていたかな? サッパリして17時には帰宅。
S原クンまた行こうね。
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-23 00:46 | 山登り  

実に普通のうどん

【麺日記 542】 2006/12/17(日) あずみうどん 太宰府店
a0013751_22204762.jpg

本日は麦夫君の目の検査で病院へ。
さすがの麦夫君も歳のせいか「ドライアイ」になって、
いつもショボショボ… 涙の量を測り目薬をもらって帰る。

帰りにいつも通る県道沿いの「あずみうどん」に寄る。以前「そが泉」があった場所に新しくオープンした店である。本格的なさぬきうどんを出していた「そが泉」だったが、地元の嗜好に方向性を見失ってしまったのだろう、惜しくも閉店。その後しばらく閉まっていたが、11月に筑後地区で手広くチェーン展開をしている「あずみうどん太宰府店」が開店した。
a0013751_22222921.jpg

外観も店内のレイアウトも殆んど変化はなし。入口付近に漬物や佃煮等が置かれていて自由に取る事ができるようになっているのがうれしい。「丸天うどん」を注文し、漬物をつまみながら待つこと3分。ほとんど待たされることなく提供された。
a0013751_22225011.jpg

無色と言っていいほど透明感のあるスメ。そこにポヨヨンとした麺が浮かんでいる。もっと太い麺を想像していたが、思ったよりスリムなスタイルだ。ただ、歯応えはあくまでも優しく、おだやかなコシはいかにも「筑後うどん」をイメージさせる。スメも強い個性は感じさせず、柔らかな昆布と節の出汁が身も心も癒してくれるようだ。
a0013751_2223526.jpg

突出した部分は感じられないが、普段に食べるうどんとしては上出来。個性的であった「そが泉」の麺と比較することはできないが、実に普通のうどんである。しかし、商いとしてはその普通さが重要なのかもしれませんなぁ

場所:太宰府市北谷861-3  丸天うどん 400円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-17 22:15 | うどん  

ヌルくはないがアツアツでもない

【麺日記 541】 2006/12/16(土) 寿軒
a0013751_21512623.jpg

本日は博多駅東で組合の大会が開催される。長年役員をさせてもらっていたが、いよいよこの大会が最後。今後の活動は後任のY下さんに託すことになった。何かと逆風が強いこの頃ですが、さぬきうどんのようにしなやかかつ粘り強く活動を進めてください。

午前中に準備を行うため、早めに家を出て博多駅で朝食。駅ホーム上にある「寿軒」で立ち食いうどんを食す。以前は通勤の途上で毎日のように食べていた「寿軒」 薄っぺらなプラスチックの丼にテロテロ麺が忘れられない。

近頃は場所が変わり、チケットを購入するようになっているし、丼も樹脂製だが黒っぽい厚みのあるものに変わっている。ただ、麺を短時間温めすぐに出されるスタイルに変更はなし。スメはヌルくはないがアツアツでもない、立ち食いには適当な温度にされている。

実は駅の「立ち食いうどん」の温度管理は非常に難しいのでは?と思っている。ヌルければ「不味い」これは当然だが、逆に熱ければ食べにくく、列車が入って来ても「食べ終わらない」ってことになるので、熱すぎない程度でスル~と入る温度にしておく必要があるのではないか… と常々考えているのだ。季節にもよるのだろうが、この辺りのノウハウってのが結構売り上げに影響しているのではないかと推理するのは私だけ?

そう考えると「寿軒」のうどんの温度は絶妙ってことかな~
熱からず、ぬるからず、ウマからず… でも、心休まる麺です。

場所:博多区博多駅8番ホーム  かしわうどん310円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-16 21:46 | うどん  

寒くなると恋しくなる

【麺日記 540】 2006/12/15(金) 中華そば きりや
a0013751_234976.jpg

最近はかなり寒くなってきた、山はそろそろ雪の頃だな。

ところで、寒くなると恋しくなるのが「きりやそば」
トロミのある熱々のスープが冷えた体を暖めてくれる…
気温の高い時期にはまったく行くことは無いのだが、
この時期になると無性に恋しくなる~で久しぶりの訪問。
a0013751_2344076.jpg

店内に入り献立表を見直すと「みそラーメン」が気になる。
そこでコロッと宗旨替えし、そのみそラーメンを注文だ。
モヤシ・ニンジン・タマネギがタップリとトッピング。
アッサリ系のみそ味のスープとよく馴染むプリプリ麺。
卓上の唐辛子を多めに振りワシワシズルズルとススル~
a0013751_2353787.jpg

シャキシャキとした歯応えの野菜と適度なみその香り。
最近福岡にも多くなってきた北海道系ラーメン店の、
濃厚・塩分・油分過多味とはまったく異なる味わいだ。
思ったよりボリュームがあるのでこれだけで充分満足。

いや~ みそラーメンは身も心もホッコリとさせてくれるねぇ
名物の「きりやそば」はもっと寒くなってからにしよっと。

場所:西区姪の浜5-1-27  みそラーメン680円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-15 23:01 | ラーメン  

手巻き寿司が付いたセット

【麺日記 543】 2006/12/12(火) 和食 石蔵
a0013751_23254972.jpg

いつもホットな情報を提供し続けているブログ俺コレ!
釜飯と瓦そばが売りの、所謂和食ファミレスの「和食石蔵」に
「地鶏湯麺」とやらがあるとの情報。面白そうなのでいざ突入。

思ったよりカジュアルな雰囲気の店内だが、年配の客が多い。
価格帯も1000円前後か。目的の「地鶏湯麺」は650円。
手巻き寿司が付いたセットにすると980円にもなる…
いつもなら単品で注文するところだが、今は多少懐が暖かい。
思い切って贅沢にセットをチョイス! 年に1度くらいはネ。

小振りの丼に入った「地鶏湯麺」写真を撮る間にも膜が張る。
地鶏でとったスープはかなり濃厚。コラーゲンたっぷりだな~
麺はおそらく冷凍だが、カドが立っているため食感は悪くは無い。
トッピングは煮玉子、地鶏のチャーシュー、海苔、ネギに紅生姜。
チャーシューは醤油で濃く味付けされていて、いいアクセント。
a0013751_23265634.jpg

ミルでひいたコショウを振りかけ、ズリズリと啜りあげながら、
鉄火とカニカマの手巻きに醤油をタップリ漬けカブリつく~♪
さすがに鉄火のマグロはそれなりのものを使ってあるようで○
ただ、キャベツのサラダがチープで残念… これ必要ないかもね。

全体的によく出来たオリジナル麺だと思うし味も良いので、
クイックに提供できるようになると訪問回数が増えるのになぁ
今回は贅沢な一品でした。

場所:西区内浜1-15-5  地鶏湯麺セット980円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-12 23:20 | ラーメン  

担々麺の替玉

【麺日記 542】 2006/12/ 6(水) ちー坊のタンタン麺
a0013751_23441516.jpg

本日の昼は博多駅近くで会議。いつものように腹ごしらえ。
久しぶりに「うどん平」に向うが、案の定長い行列。
ノンビリ待つ気になれず、近くの「ちー坊のタンタン麺」へ。

ここは以前「しばらく」があった場所。職場が近かった時は、
毎週のように通っていた店だ。「しばらく」が大阪に移転し、
後に担々麺の店が入ったのは知っていたが、今回が初訪問。
a0013751_23444219.jpg

店の雰囲気やレイアウトは以前とさほど変わりは無い。
基本と思われる店名と同じ「ちー坊のタンタン麺」を注文。
丁寧に作られる様子を見ていると多少待っても気ならない。

鮮やかな赤の芝麻醤と白いネギのコントラストが印象的。
芝麻醤の下には鶏ベースのスープ。わりとスッキリとした味。
麺は細めだがモチモチとした歯応えが、ネギとよくマッチ。
a0013751_23451248.jpg

こりゃいい~と啜り上げていると「替玉」の文字が目に入る。
ほほう担々麺の替玉があるのかぁ 珍しいので食べてみた。
ややスープが薄くなってしまうが、麺が良いので○でした。

先日食べた「潤」とは方向性の違う「担々麺」が味わえた。
ただ、もう少し挽肉が入っていたら良かったのにな~

この日会議終了後に同僚と博多駅前で久しぶりの飲み会。
その時は楽しかったのだが… 飲みすぎ喋りすぎには注意だな。

場所:博多区住吉2-16-8 ちー坊のタンタン麺680円+替玉180円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-06 23:41 | その他の麺  

大好きなネギが?

【麺日記 541】 2006/12/ 5(火) 因幡うどん 博多デイトス店
a0013751_0371660.jpg

本日も夕刻より博多駅近くで定例の会議。
さて、軽く腹に入れとかなくては…と「因幡うどん」へ。

この時期季節メニューへの変更もあるが、
ごく普通に「いつものごぼう天うどん」を選択する。
ただ、いつもと少し違っていた点があった… それは!
テーブル上に用意されているはずの「ネギ」が無いのだ。
丼には申し訳程度に一掴み載せられているだけである。
a0013751_0393828.jpg

指定された農家から集められたフレッシュなネギ。
麺が見えないくらいぶっ掛けてワサワサと食べるのがスキ♪
他の店なら諦めもつくが、天下の因幡でできないとなると…
ネギの価格高騰なのか不作なのか? 早期の復活を願いたい。

場所:博多区博多駅中央街デイトス1F  ごぼう天うどん420円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-05 00:36 | うどん  

困ったときの小麦冶

【麺日記 540】 2006/12/ 3(日) 小麦冶 松崎店
a0013751_2112580.jpg

本日は晩飯を喰う金がないので「小麦冶」に突入する。
ここはかけうどんが140円と超リーズナブルな設定。
肉うどんでも290円だ。困ったときの小麦冶頼みだね。

久々の入店だが、若干のメニュー変更があったもよう。
「スタミナうどん」などが外されている代わりに、
「辛子高菜」や「小えびのてんぷら」などの新商品が
追加されているようだ。そこで「温泉玉子うどん」を選択。

見た目はほとんど「月見うどん」だが、さてそのお味は…
やっぱり月見うどん。スメが多く玉子の味が不足気味か?
でも、小麦冶らしいホタホタ麺でこれはこれでアリだな。

場所:東区若宮5-16-20  温泉玉子うどん240円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-03 21:09 | うどん  

ご近所の麺処

【麺日記 539】 2006/12/ 3(日) いっぷくラーメン
a0013751_0201465.jpg

ご近所の麺処で未食だった「いっぷくラーメン 箱崎ふ頭店」
福岡東部の人気店で、久山や大博町にもお店があるようだが、
なぜか、前は何度も通るが一度も訪問したことがなかった。

時間帯が半端なせいか、店内は親子連れと酔払いが二人のみ。
献立表は、ワンタン・焼ブタ・メンマ・キクラゲ・キムチ等、
トッピングで分けられている。やや高めで600円台が中心。
テーブル上にはモヤシと紅ショウガが置かれており入れ放題。
今回は一番安い普通のラーメンを選択。
a0013751_0203650.jpg

やや黒っぽく見えるスープと二種類のチャーシューが印象的。
スープをススルとグワッとトンコツの香り~かなり濃厚だな。
しかし、口の中に残る後味は軽く以外にしつこさは感じない。
a0013751_021612.jpg

麺は博多風の細麺。硬さは普通にしたが、モチモチ感がある。
メンマの歯応えは小気味よく、モヤシは水っぽくなく好印象。
しかも、見た目以上に量があり替玉はしなかったが満足できた。
食べ終わった後の口の周りのペタペタ感がコラーゲンたっぷり
って感じでした。

欲を言えば、全体的に100円位下げてくれるともっと満足?

場所:福岡市東区箱崎ふ頭1-13-2  ラーメン530円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-03 00:18 | ラーメン  

健脚向きであることに変わりなし

【山日記 57】 2006/12/2(土) 戸ノ上山~足立山
a0013751_23552792.jpg

◆ 自宅7:45⇒8:50門司9:18⇒寺内登山口9:30→10:45戸ノ上山11:00→大里別れ→13:00昼食13:30→14:20足立山14:30→15:30U田邸(忘年会)20:00⇒小倉駅⇒自宅

前月「福智山」に登った際に、山頂より遠望された「足立山」
北九州市の最北端に位置し、関門海峡を挟み山口県は目の前だ。
100万都市に隣接しながらも、豊かな自然と景色に恵まれた名山。
ただ、標高598mの足立山だけではちと物足らないので、
さらに北側の「戸ノ上山」より「企救自然歩道」を辿ることにする。
a0013751_23554565.jpg

今回は、いつものメンバーと足立山山麓に在住のU田氏の5名だ。
荒れ気味の天候であるが、午後からの回復を期待しJR門司駅へ。

駅前の売店で「サバ寿司」を購入し、恒見行きバスで寺内バス停下車。
依然小雨はパラついているが、雲の切れ間も見える程度になってきた。
「企救自然歩道」の目印より、最初の目的地戸ノ上山に向けて歩き出す。
a0013751_2356269.jpg

民家の庭先を抜けるような隘路を行くと、大きな案内板に出会う。
ここから戸ノ上山を経由して足立山までは4時間半かかるという表示。
ガイドブックでは3時間弱だったのに… かなりの誤差があるぞ~!
と叫んでも、コースが健脚向きであることに変わりはしないなぁ
エスケープルートは多数あるし、行けるところまで行けってか?
a0013751_23562664.jpg

笹原をしばらく行くと樹林帯のトラバース道。ただ、紅葉は終了済…
登山道は尾根を直登するようになり、グングンと標高をかせぐ。
時折木の間から、武蔵VS小次郎で超有名な「巌流島」が見える。
a0013751_23565355.jpg

登山口から約1時間で戸ノ上山山頂に到着。しかし、雲で展望は今ひとつ。
また、風も強まってきたため、休憩もそこそこに足立山に向け歩き出す。
山頂より150m程標高を下げると「大台ヶ原」ここで強風に煽られる。
これ以降、雨はなんとか回避できたが北風に吹かれ続けることになった。

アップダウンの多い樹林帯を2時間程歩き、へばった所で昼食をとる。
展望の無い小ピークでシートを広げ、ラーメンとサバ寿司で腹を満たす。
a0013751_23572065.jpg

防火線伝いに歩くと視界が開け、正面に足立山が見えるようになると、
一旦高度を下げた縦走路は、一転し木の根にすがるような登りになる。
喘ぎながら体を引き上げること約1時間で「労災病院分岐」に至る。
分岐からさらに20分程度喘ぐと足立山(別名霧ヶ岳)へ達する。
a0013751_23575523.jpg

着いた頃には展望も良くなり、小倉の中心街が手に取るように見える。
ゆっくりと展望を楽しんだ後は下山開始。一旦「妙見神社」へ向い、
登山の無事を感謝した後、水場より「U田邸」方面へ一気に下る。
a0013751_2359168.jpg

あまり踏まれていない道をヨロヨロと下ると古い神社に突き当たる。
山頂よりちょうど1時間、15時半到着は思ったより早かったな。
さらに、住宅街を抜けると本日の忘年会場「U田邸」だ~!
a0013751_021881.jpg

この後、しっかり飲ませていただきありがとうございました。
来年もご一緒させていただきますね~
a0013751_023546.jpg

「企救自然歩道」は手ごわいが(夏場は死ぬかも?)
この展望のよさは他には無い。また行きたくなる山でした。
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-02 23:53 | 山登り